すぐ飽きてしまう人に読んでもらいたい!3つの新発見、ほんとうは飽きていなかった!という話

こんにちは、そらとぶ です。

あれこれ試したくなっちゃって、やってみるんだど、すぐ飽きちゃったりするんです。

私、飽き性なんです、と、先日まで思ってました。

転職回数も多いし、習いごとの数も多い、色んな場所にも行ってみたし、親にも続かない人だねぇなんていわれてしまう。

なんで、すぐ飽きちゃうんだろう。

それが、長年の悩みだったんだけど、その悩みを解決するための発見があったので、シェアしますね!!

すぐ飽きてしまうことがお悩みのあなた!ぜひ、最後まで読んでみてくださいね!

目次

新発見3つのポイント

新発見その①
 好きなことしか継続できない
 (薄々気づいていた、)

発見その②
 好きなことは、好きを知ることを継続しないと、見つからない

発見その③
 つまり、好きを知ることを継続できている

そうです。飽き性ではないのです、自分の好きなことに貪欲で、自分の最高な好きを探すことを継続しているのです。

好きなことしか継続できない

これは、新発見というより、薄々気づいてました。

人って、

・興味を持つ
・やってみる
・どんな感じがわかる
・またやる or 辞める

こんな感じで行動してますよね。
やってみて、ココロ躍るようなことがなくなると、もういいかっ、辞めよう、てなります。

もともと、好きなことしか継続できないのに、継続って素晴らしいとかいっちゃうから、それがいいと思っちゃってたけど。

人間の本能的には、ココロ踊らなければ、次に行っていいんです。

ここを我慢させるから、ストレス社会になっちゃうんだよぉ。

じゃぁ、好きなことってなんなの?

ここです!ここが、飽きてしまう人の、問題点なのではないでしょうか!
←わたしは、ここだなって思ったんです。

継続できてる人って、ここがめちゃくちゃ明確なんですよ。

生まれてきた時の宿命?なのか、わかんないけど、いますよね!

「ずっとこれをやってきました」
「努力?わからないです、気づいたらやってました」

イチロー選手とか大谷選手とか、きっとそんな感じなんだと思います。

自分の好き探しを継続している

じゃぁ、飽きやすい人が継続していることって、なんなのか!

飽きやすい人が継続していることは、色んなことが好きだから、好きを知ることを継続できている、ということになります。

「飽き性な人」を、言い換えると「好きの代謝が早い人」ということです。

世の中、新しいことが日々発見されて、技術も食べ物も向上してますよね。

それにあわせて、好きも変わって行きます。

それにいち早くキャッチできて、好きを更新するスピードも早いってわけです。

安心してください、飽き性なのではなく、自分の好き探しを継続できる人、なのです!

注意点!好きの代謝が早い人たちの環境に身を置くこと

好きなことが見つかって、その好きなことを継続できる時は、それを継続すればいいんだけど。

会社とか何かの組織の中だと、そうもいかないことは、もうご存知かと思います。

だから、退職代行サービスとかが、できちゃうわけで。

でも、世の中には、どんどん新しいこと、自分がいいと思ったことをやってみるのが、いいよねという環境もあります

飽き性なあなたがいる環境が、ちょっともやもやするな〜と思ったら、好きの代謝が早い人たちがいる場所に、変えてみるのおすすめです。

まとめ:飽き性を強みに変えれば最強

なんでも、楽しく継続できる状態が続けばいいってことです。

楽しいことなら、継続できますよね。

飽き性の人は、それが、自分の好き探しなんだと思いました!

あ、この記事は、個人的な意見なので、そういう考えもあるよね〜くらいに、読んでいただけると嬉しいです。

すぐ飽きてしまう人で、少し悩んでしまっていた人の、少しでもお役に立てたら、幸いです。

では、また、明日‼︎

最後まで、お読みいただき、ありがとうございました‼︎

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次
閉じる