主夫と自由なワーママは仕事と子育てを両立する方法を探すのを辞めた

どうやったら子育てと仕事の両立ができるんだろう

悩んだ結果、体調不良、うつ、適応障害、休職。

はぁ!!?なんでよ。

この時の気持ちの続きは→こちら

そう思ってから、2年後、夫婦がとった選択は、

仕事と子育ての両立を自分だけがしない

両立する方法を探すのを辞めた

でした。

目次

仕事と子育ての両立ができなかった夫婦

しょうがないですよね、

今までやったことないので。

初めてのことは、誰だって、戸惑いがあります。

両立ができなかったというのは、どちらかを放棄してたわけではなくて、

どちらもうまくいってなくて、疲れた状態が続いた

そんな感じです。

両立できないと認めたら楽になった

1つのことに対して没頭してしまうタイプ。

完璧にやりたい。

あー、そういうお母さん、って、うつなっちゃうよねー

っていう反応あるかもだけど、

そうなんだもん、いいじゃん。

だから、自分がパンクしない状態を作って、家族のみんなが幸せになる状態を

探せばいい、そう思ったんです。

家事を辞めたワーママ

家事と、育児メイン、時短で仕事。

どこにでもいるお母さんだったと思います。

この中で、家事と、保育園の送り迎えを辞めました。

じゃぁ、誰がやるの?

夫にお願いしました。

その代わり、夫が働いていた分、私がメインで働くという条件で。

ワーママが家事を辞めてわかったこと

買い物、料理、子供反応をみて対応する。

この3つについては、仕事以上に頭を働かせて、今できるベストを選択して

毎日実行する。

大変でした・・・・(できる人もいるんだろうけど、私は辛かったです)

その間に、洗濯をまわす。

そりゃ、家の片付けなんで、汚れたところで死なないので、

後回しになりますよ。

私にとっては、特にこの家事が、ものすごく負担だったってことがわかりました。

夫が主夫になってわかったこと

私が負担に思っていた家事。

楽々にこなしてるんですよ。

買うものは、ちゃんとメモをし、

料理は、料理アプリで同じものを作り、

洗濯と片付けは同じ時間にやって、同じ時間に娘の送り迎え。

私が、仕事(時短)で、家事と育児の両立ができなかった経験を生かして、

夫は、超絶時短勤務で、やってます。

家事や仕事や子育てそれぞれに向き不向きがある

不向きだったことを

無理に頑張ろうと思ったら、疲れる。

適任に任せる方法を考える。←仕事も一緒だよね。

男女でこうあるべきっていう考え完全無視

我が家ができなかった、

仕事と子育ての両立。

解決策は、

男女でこうあるべきっていう考え完全無視。

お互いのやりたいを、尊重して、やってみる。

これが、仕事と子育てと家事が両立できる方法でした。

チャンちゃん!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる