Profile

KonMari Media Japan 株式会社 公認

こんまり®︎流片づけコンサルタント

まえだ みゆき(そらとぶ)

↑画像をクリックすると拡大されます

広島市在中、出身は鹿児島。

3LDKのマンション 広島出身の夫 / 5歳の娘 / 3人暮らし

大切にしている3つのこと

  • 自分のココロの正直に生きること
  • 好きなことを楽しむ人生にすること
  • 自然の中でぼーっとする時間をつくること

家の片づけをする前は、仕事と家事との両立に悩み、片づけたいけど片づける時間がない、どうやって片づけたらいいかわからない日々でした。

こんまりメソッドの手順通りに片づけると、どんどん部屋が片づいていき、離婚寸前だった夫婦関係も改善、家の空気感が激変し、働きかたや家族とのすごし方も変わっていきました。

現在は、ライフステージの変化にともなう悩みから解放されて、自分のこころに正直に、好きなことを堂々と選んで、楽しめるように、片づけを通してサポートする活動をしています。

目次

Career

2005年

  • 宮崎公立大学人文学部国際文化学科卒業
  • 内資/外資 IT系 企業にて、システム開発に携わる(東京:10年, 広島:7年)

2019年

  • こんまり®︎メソッドを学び、自身の片づけを終わらせる

2022年

  • KonMari Media Japan 株式会社の認定
  • こんまり®流片づけコンサルタントとしての活動を開始

こんまり®流片づけとの出会い

2011年、こんまりさんこと、近藤麻理恵さんを、テレビでみて、『人生がときめく片づけの魔法』という本の存在を知りました。

しかし、手にするまでは至らず、元々片づけをすること(整った部屋)は、好きだったので、一人暮らしの部屋を、「自分なりに」、収納を考えたり、片づけをしたりしていました。

結婚前(自己流の片づけでそれなりに)

2年に1度、お気に入りの部屋を見つけては、引越しもしていました。

平日は、仕事づけの日々でしたが、週末には、リラックスできる部屋作りを、楽しんでいました。

シェアハウス最後の日
一人暮らし最後の日(最後は一軒家8人のシェアハウス:個室)

結婚後(片づけができないもやもや)

しかし、結婚後、もやもや期が訪れます。

大好きな仕事もしたいけれど、部屋も片づけたい、育児もちゃんとしたい、家族との時間もとりたい、でもできない、どうしたらいいかわからない。

仕事と家事の両立に悩む日々が、4年ほど続きました。

2018年、娘が1歳になった頃、とうとうパンクしてしまいます。

月に3度も高熱がでるほど体調が悪くなり、仕事を休職しました。

休養したものの、家にいても全く休まらず、よりストレスを感じるようになったのは、、「部屋が片づいていなかったからです

見渡すと、テーブルや床の上に、日用品や郵便物が、散乱していました。

その時、自己流ではないプロの片づけを、本の通りにやってみようと、こんまりさんの本を再び手に取り、人生を変えたい一心で、こんまり流片づけを始めてみました。

一生に一度の片づけ祭り後

特に印象に残っている片づけは、衣類の片づけです。

サイズアウトして着れなくなったけれど、どうしても捨てられなかった「紺のストライプのスーツ」がありました。

捨てられない理由は、スーツを着て楽しく仕事をしていた時の、思い出が手放せなかったからです。

社食ランチ
大変な中でも楽しく仕事をしていた時の思い出の写真(社員食堂)

スーツを実際に手にして気づいたことは、「家族を大事にしながら、やっぱり自分の好きなこともやる人生を送りたい」ということでした。

手放せなかった紺のストライプのスーツは、私に

好きなことをしながら生きていいよ

ときめきで生きていいんだよ

と、言われているようで、そのメッセージを受け止めた瞬間、過去の執着から解放されて、スーツを感謝して手放すことができました。

きれなかった紺のストライプのスーツは、感謝して手放し、大切な思い出は、私のココロの中に残し、そこから「ときめく人生の一歩」がスタートしました。

こんまり®流片づけ後の変化

片づけを終えた後の生活は、激変しました。

まず、私自身が、大きく変わりました。

散らかった部屋を見て、いつも片づけなければというプレッシャーから解放され、心が軽くなりました。

こんまり流の片づけを終わらせたことで、モノの定位置を決め、使ったら元に戻すというシンプルな作業で、日常の片づけが完了するという毎日を手に入れました。

そして、その毎日を繰り返すことで、リバウンドすることもない、いつもときめきを感じる部屋をキープできており、そのことが大きな自信につながっています

自分の思い描いた部屋が目の前にある、それだけで頭の中の雑念は消え、以前より自分の気持ちの整理ができるようになりました。

さらに、家族にも、モノや考えを、ときめきで選ぶことが浸透し、片づけがあたりまえになり、以前より、気持ちにも余裕がでて、穏やかに暮らせています。

キッチンにできた空間に作った子どもの絵本棚

今では、5歳の娘も、モノをえらぶ時に「ときめきますか?」と、笑顔で聞いてきます。

こんまり®流片づけ後の人生の変化

部屋が片づいて、考える時間が増え、理想の人生を考えることができるようになりました。

今、すでにあるコトやモノ、できることに気づき、感謝する気持ちが増えたことで、日々の生活に豊かさを感じるようになりました。

将来への不安やお金のことにとらわれ、しあわせを感じる時間をないがしろにしていたことに気づき、ほんとうのしあわせを追求した生き方を選ぶことにしました。

夫婦お互いのときめきを尊重した働き方に変える決断をし、好きを仕事にすることができたことで、こころのゆとりが生まれ、仕事と家事のバランスが取れるようになりました。

人生がときめく片づけの魔法でした。

こんまり®流片づけが与えてくれた第2のステージ

私が身をもって経験した、こんまり流片づけの素晴らしさを、より多くの人に伝えたいと思うようになり、システムエンジニアの仕事は手放し、片づけコンサルタントとしての活動を始めました。

私と同じように、片づけることで、片づけの悩みから解放されて、仕事と家事の両立が楽になって、人生を変えていける人を増やしたい。

我慢して頑張らなきゃと思わずに、自分のこころに正直に、好きなことを堂々と選んで楽しめる人になってほしい、家の片づけを通して、好きだったことに気づき、好きを楽しむ人生を送ってほしい!と、思っています。

こんまり®流片づけを通して伝えたいこと

こんまり®︎流片づけをすると、自分がほんとうに好きだったこと、大切にしたいことを、再確認することができます

それは、家の中にある、過去に自分が選んできた数万点のモノを手に取り、「自分が何にときめき、何にときめかないのか」問いを繰り返すことで、一番大切にしたいことが、わかるようになるからです。

そして、もっとよくしなきゃ、こうしなきゃ、という、ほんとうはときめいていない思い込みを、自然と手放すことができます。

1日に何度も繰り返す、いろんな場面での「選択」を、ときめく選択だけをしていけるようになり、自分のココロに正直な、選択と決断ができるようになるからこそ、ときめく人生を送ることが、できるようになるのです。

さぁ、始めよう、一生に一度の片づけ祭り、好きを楽しむ時間つくり

いつかは終わってしまう、永遠には続かない、自分の人生。

今、そうしたいと思った時が、ベストなタイミングです。

ときめくモノだけを選びきり、自分の大切にしたい価値観を明確にして、ときめく人生を始めるには、遅いも早いもありません。

自分のココロに正直に生きられるようになると、相手にも同じように、大切にしたい気持ちがある、ということに気づきます。

そうすると、自分らしくいられる環境を選び、自分らしくいられる人間関係ができたり、働きかた、生き方ができるように。

こんまり流の片づけは、モノと情報があふれている社会でも、自分にとっての「しあわせ」を選べるようになる、人生の本質「しあわせに生きるため」の、人生を豊かにする選択力と決断力をあげていく、レッスンです。

努力は夢中にかなわない、Youtuberが人気な職業であるように、これからは、好きなことを追求して、自分らしく生きる人が活躍する時代です。

あなたが好きなこと、ときめくことは、あなたしか知りません。常に、自分の中にあります。

さぁ、こんまり®︎流片づけを実践して、好きを楽しむ人生にしていきましょう。

片づけを通じて、生まれた時からすでに知っている「わくわくする好きなこと」を思い出し、もっと好きを楽しむ人生を送りましょう。

きっと正解なんてない

世界中の人の数だけ

『ときめき = Spark Joy』

がある

こんまり[公式]

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次
閉じる